正直、3Dって どうなん?

全世界の興行収入が 驚異のスピードで16億$を超え
自身の「Titanic 」の記録を破るんじゃないかと言われる
James Cameron監督のSF大作映画「Avatar
中国では 自国の大作とのブッキングと
侵略的なストーリーが当局の目に触れ
上映規制がしかれたなんてニュース

その人気たるや やはり最新3Dという 最新鋭のビジュアル効果
その昔、「飛びだす立体映画」などと呼ばれ
雑誌の付録についてきた のメガネを持って
東映マンガ祭り」か何かのゴレンジャー?を観に行き
劇場で何気に振り返った時、
メガネをした大勢の観客が異様に見えた思いだす
そんな30年以上も前の チープなやつとは 偉く違うんだろうが
音響システムの進歩で 既に臨場感たるものは得られ
これに加え 視覚的な要素を あたかも其処に居るような・・・
なんか 映画の域を超えた?? いや延長線上の進化系?
アトラクション的な感じも否めないが
家庭用も市販を目指すといってい今、
未来のビジュアルは 当り前になるのだろうか?

ただ 因果関係は無いと言いつつも 台湾で死者が出たり
一部では あるが気分が悪くなり 映画どころでは・・・
というのも聞く

かつて TDLスターツアーズに乗って
気持悪くなった経験のある私は ちょっと躊躇する感じ
(劇場が動く訳では無いので 3Dとは根本的に違うのだが・・・)

2D3D比率は8:2と圧倒的に3D
家庭では決して味わえない・・・
ちょっと怖いもの観たさも 無い事も無いが

そして問題は3Dによって1.5倍以上になったは いいが
ストーリー性が どうなのか
元々 現実主義的な 私はあまり触手をそそる映画では無いのだが

この手が大好きな2号に 総評をお願いする事にするか

今朝のラストフォートレス細君カーOnAir
ヘビーローテーション民放FM MorningGate より
Happy few Quasimode ft.Wouter Hamel
RoundaboutAxe Riverboy

久々のレギュラーテーブル、金曜日はノンカテ
MTVのヘビロテから 心地良く耳に入ってきたナンバー
“ アイ ” 秦 基博
鋼と硝子でできた声
ハタ モトヒロ
80年宮崎県日南市生まれ 横浜育ち
04年デビュー、 9thシングルとなった今作
ファンの方には お叱りをうけそうですが
正直、顔はちょっと見覚えがあるような 名前はビミョー
洋専の私にとって 今のヒットチャートに並ぶような邦楽は
ほとんど興味が 沸かないのですが
ロックグラス片手に1人 一時を楽しんでいる時 流れてきたのが今作
季節柄 これからはテーマのネオフォークが賑わすのだろうが
どれも二番煎じ的で ピンとこない
そんなネオフォーク系でありながら 陽だまりのような
暖かさを感じつつ ちょっと切なさが見え隠れ
一聴、ExtremeMore than words ”を想い起したアコースティカルなサウンドに
♪愛しくて怖くて・・・ 時代は変われど トラディショナルな愛のリリック
なんか やさしい気持ちになれる
弾語り 出来たらいいなァ
☆PV☆ 靄かかったモノクロに色が染まる オーガニック系

"アイ at youtube pv
アイ(初回生産限定盤)(DVD付)
BMG JAPAN Inc.
2010-01-13
秦 基博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック