韓流に限らず

俳優、高岡蒼甫のフジテレビ批判に端を発し
先日の日曜日には、お台場フジテレビ周辺に、プラカードや日の丸を持った
反韓流反フジを叫ぶ集団が2,500人ほど集り騒然としたと言うニュース
03年に放送され ブームの発端となった「冬のソナタ」から8年
ドラマのブームは、落着きをみせた様だが
今や 音楽シーンに次々と投入される若手ユニット?が
若い層の人気を掴み、日本のグループを食うほどの勢いで加熱
ブームを後押しするのは 勝手だが
日本人は どうした?? って感じで・・・
でも 正直、メディアが報じるほど 流行っているのかとも・・・
とは言え、 それはそれで個人的主観
特に韓流ブームに迷惑をこうむった事は無いのだが
Star digioUKチャート専門chが 突然 春の編成かなにかで
K Popchに変わってしまい 憤りを感じた位か・・・
それにしても 日の丸掲げて集会とは
隣国の良く目にする? 光景の様で尋常で無い様な・・・

しかしながら それ以前に テレビ局各社のテレビ離れを含めた
未来性と危機感の無さが浮彫りとなり
場当り的なブームの上を 綱渡りしている様に見える
投稿ビデヲや海外ドキュメントの寄集め
芸人の楽屋トーク
番宣目的のクイズ&バラエティ
過去のドラマの焼直し
グルメ&工場見学・・・

正直、見たい番組が無い それが全てを物語る

番宣においては、朝から晩までキャストを出演させ
局こぞっての目に余るプロモート活動

映画界においても
漫画の実写版が 今だ蔓延っている

地デジ、地デジと煽られながら
いざテレビをつけても ただ流れてるだけ
国営に付いては、努力を感じられる番組もあるのだが・・・




この先、テレビの未来は どうなっていくんだろうかと


さて 今夜もニュースのハシゴか?

ニュースと言えば、我県勢の大敗ぶりに言葉無し









今朝の細君カーOnAir
民放FM/県民FM ナレーション only

Choose Country
“ Am I the only one ” Dierks Bentley
75年、アリゾナ州の州都フェニックス生れ。13歳の時、友人らとエレキギターを始め
Van HalenBilly Idolに憧れギターの音で警察に注意を受けるバリバリの
ロック少年だったという彼。そんな彼が17歳の頃、Hank Williams Jr
聴いて感銘を受けカントリーに傾倒し作曲を始める。バーモント大学卒業後、
聖地ナッシュビルへ移り住んだ彼は、The Nashville Networkで働きながら
夜な夜なカントリーバーに惜し気なく通い聖地のソウルを吸収しスキルを磨く
00年、自己資金をかき集めアルバムをリリース。幾つかのレーベルの注意を惹き
03年、Capitol Nashvilleとディールを交わしセルフタイトルアルバムを
リリース、アルバムはカントリーチャートで4位にまで上昇し好発進、デビューシングル
What was I thinkin' ”はカントリーシングルチャートで№1を獲得し翌年の
CMTBreakthrough Video of the Yearに輝き、自身もACM
新人賞に輝き気鋭の新人として注目を浴びる。以来、ポップ/ロックを
クロスオーバーさせたコンテンポラリーなサウンドでシーンを超えた人気を得ながら
カントリールーツへの探求を続ける彼の今年リリース予定の最新6thアルバム
Diamonds」からのリードカットとなった今作は、ライトなサウンドに貫禄の
増してきた彼の歌声が軽快な屈託無い御機嫌ロッキンカントリートラック
☆MV☆ ことごとく約束を断られ1人やって来たバーで逆ナンのサプライズ

" am I the only one at youtubeMV

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック