追悼メディアのあり方

未曾有の大震災から1年を迎え
各メディア、挙って特集番組を組み震災を見つめ直す
これから津波の映像が流れます
被災者に対する配慮なのだろう・・・
しかしながら、未公開映像 !!と謳う ドキュメント番組はどうなのか?
昨今のタレ流し番組衝撃画像の延長上的な扱い??
とても デリケートな題材だけに こんな視聴を誘うような文句も気にかかる
報道を盾に ズカズカと避難所に出向き その膨大な映像を
モンタージュしドキュメント番組に、 まさに自己満足の何ものでも無い


先日放送した民放の特集を観て感じたのだが
自衛官を英雄視する様なヤツ
自衛隊員の今震災に対する貢献は 立派だと思うし
それを否定するつもりは無いが 彼らはそれが責務
使命感とかそんな事は 当たり前であって特筆すべき事では無い
自分の立場を投げ打ってでも 被災地の為に何かしてやりたい・・・
多くの人は、それが手放しで出来ずにジレンマを感じる
それを責務として任され最前線で活躍する
簡単な事ではない事は察するが とても 誇り高き職務として 妙な羨ましさも
でも それが彼らの仕事、有事の為に普段 訓練しているのだから
そんな彼らをドキュメント風にシナリオとボリューム付けし
本音を聞き出し涙を誘い出したい的な インタビュー・・・ 言うならば 感動の押売り
何か編成期に登場する警視庁24時と何ら変わり無く、第3者的な内容
そして民法然りなのだが、
どん引き~」 なんてCMが合間に流れ、 深刻なテーマも一蹴
この辺の トータルな構成は 何も考えて無いのかねぇ

chを換える
仕事を失った被災者が防護服を着て警戒区域での仕事に
従事する苦悩を追う番組

同じ メディアでも 題材となる視点が こうも違うものかと・・・

さらには、早くも震災ドラマなるものまで登場している。
専門的な 地震の検証番組、 これも今やる必要ある?


あの日を忘れないで・・・
あの悪夢は 思い出したくもない・・・

復興に向け 歩んでいる多くの人たちの
1周年を迎える気持ちは 様々だろうが

ここは、妙なお節介は謹んで 静かに、そっと してあげたい・・・

そして この世を去った多くの人々に

RIP...




今朝のラストフォートレスOnAir
ヘビーローテーション 2010 Hangout #12 reissue より
Saturday Basshunter
MagicB.O.B ft. River Cuomo
Secrets One Republic

去年のこの日、Memphis Blues Tourの為 来日した彼女
震災の影響で封鎖された成田空港に替わり 横田基地に降り立つ
混乱を極める現地事情と公演中止し帰国を示唆するプロモーター
そんな中「私たちは歌うことが仕事。力を与えたい」と
15日からのツアーを予定どおり敢行
そして ちょうど1年たった今、
再び勇気付けたい」と
本人たっての希望で先日 来日を果たし
被災地に一番近いという事で 我街にもやってきた彼女
全4都市 6公演
渋谷Bunkamura オーチャードホールで公演最終日を迎える
そんな彼女の暖かい志に敬意を表しこの日に捧ぐ、86年の 全米№1シングルを
“ True colors ” Cyndi Lauper


そして早く皆様に日常の笑顔が戻れる事を願って
“ たしかなこと ” 小田和正


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック