40分過ぎ~

本年度の流行語大賞の大本命と目される
ジェジェジェ
を全国的に広めNHK連続テレビ小説屈指の
大ヒットとなっている 「あまちゃん
廻りを見渡せば 欠かさず観ているファンが必ずや傍に・・・
もはやコミニケーションアイテム?の一つともなっているこの作品も
いよいよ佳境を迎え、今月末の最終回に向かっている。

細君も そんなファンの1人
私はと言うと、振休の日に観たりする位だが
たまに観ては、ストーリーの繋がりを細君に聞いたりと、
ガッツリと観る程ではないが ソコソコ気になる程度ってトコか?

時代設定も良く知らぬまま、ドラマが震災に
迫っていると知ったのもつい先日

そして2日の放送でそのターニングポイントを迎えた
淡々と その時の事が再現されるドラマ
そして、あの日の実際の映像は、被災者に配慮したのか 一切無し
更に、深く掘下げることも無く出演者の視点のみで綴る
あまりに重大で避ける事の出来ないテーマだけに
どう描写するのか、ちょっと気になったとこだが
僅か15分足らずの中に 僅かなジオラマショットだけで
3.11を表現したと 元TVディレクターの経歴を持つ大学教授も
絶賛している。

そのコラムの一文で印象に残ったのは
どんなシーンでもあっという間に映像がネットなどに氾濫し
、リアルさを失っていく、今という時代のリアルさとは何か。


災害映像、非常識なネタ的画像・・・が
誰でも何処からでも 瞬時にして 世界を駆巡る時代
それを先導してきた マスメディア はそれをどう倫理的に導いて行くのか
問われる とこですねぇ


ちょっと話が飛躍してしまいましたが
2日以降、自己判断ランチタイムを0:40からにして
楽しませてもらってます。

それにしても、劇中、民放の番組をオマージュ?し
ストーリーに組みこんだりしてるするシーンが多々ありますが
NHKも昔に比べだいぶ軟らかくなりました。



ピカルの定理リンカーン・・・
秋の編成で 続々と打切りですネ

毎週 欠かさず・・・ って番組も無いのですが
馴染みの番組が 無くなっちゃうのは ちょっと寂しい気も・・・







今朝のラストフォートレスOnAir
ヘビーローテーション Pwned 2011 #3 reissue  より
KidzTake That
Good girlAlexis Jordan
All of the lightsKanye West ft. Rihanna


勝手にRock啓蒙強化企画
“ Invidious ” Revocation
06年、ボストン。ハイスクール時代に幼馴染同士で結成したCryptic Warningを前身
バンドに(v/g)David Davidson、(ds)Phil Dubois-Coyne、(b)Anthony Budaの3人
で結成。既に地元のアンダーグラウンドシーンで名を馳せていた彼らは、08年セルフプロ
デュースでデビューアルバムをリリース。olスクール感を醸しつつも革新的なトリオとは思えぬ
テクニカルでエクストリームなサウンドは、耳の肥えたメタルキッズの高い支持を受けたちまち
コアなファンベースを確立。10年、2人目のギタリストにDan Gargiuloが参加、12年には
Budaの後任としてBrett Bambergerが加入し今夏、2年ぶりとなる4thエポニマス
アルバムをリリース、プロモカットとなった今作は、不穏でダークなオープニングからバンジョーの
調べを起点にシフトする息をもつかせぬアグレッシブ&グルービーなヘビネスメロが押し寄
せテクニカルに展開するモダンプログレスサウンドがアドレナリンを沸す頸椎ヘドバンチューン。
☆MV☆ オーディエンスと一体となった気迫溢れるクラブパフォーマンスショット。

" invidious at youtubeMV



Revocation
Relapse
2013-08-08
Revocation

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Revocation の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック