プチ脱走==3

も葉桜となり、春本番と言ったとこですが、
例年より早い開花だったせいか、朝晩の寒さに、まだまだ序盤の感じ。

そんな中、細君は、去年、頂いた事をきっかけに
マイブームと化した、雪割草の越冬のお手入れに余念なく。
DSC00748.JPG
DSC00749.JPG

傍らにチューリップ
DSC00742.JPG

そんな、外作業にヤンヤと物申す黒いヤツ。
IMG_3260[1].JPG
*この直後に・・・

作業を終え、あまり、かまってやってなかったので、マタタビ玉でもあげようかと
袋を取り出すも、姿が見えず・・・
いつもであれば、おやつの入った籠の音がしただけで飛んで来るのに
いじけたのか? と2階や アチコチ探すも、全く反応無し・・・

ひょっとして・・・

玄関出入りした隙に・・・

裏や廻りを細君と手分けして

先代がここに越して直ぐに姿を消したのを思いだし
こりゃ、このまま・・・ と不安がよぎる

暗闇に黒は、あまりにも映えず・・・ 難航


気付いてから、長い時間が経ったような気がしますが、
30分も経たなかった頃、玄関先ふらっと帰宅

何はともあれ

普段は、玄関開けておいても、早々出ていかないんですけどねぇ
出た拍子に気付かずドアが閉められて帰れなくなっちゃったのかな

ごめんよーーーー

いつもより、オヤツたくさんもらって
DSC00744.JPG
小冒険に疲れたのか、ぐっすりです。





今朝Succession:GIF Keepsake OnAir List
ヘビーローテーション 聖飢魔II 1999 Blood List」 Last round
2020 Clout #9 より
The Outer Mission
Overture 〜 Winnre !
Overture 〜 Bad Again〜美しき反逆〜
~ “ Breaking meTopic ft. A7s



mourn DMX   
dmx.jpg
70 - 21

Earl Simmons。70年, ニューヨーク州南東部マウントバーノン生れ。10代の両親の下、喘息を患い
苦しんだという幼少期、貧困生活の中、母や母のボーイフレンドからDVを受けると言う
劣悪な環境で育ち、学校では窃盗や暴力を繰返し養護施設へ収監、14歳より半ストリート
生活を送る中、ヒップホップとの出会いからビートボックスを制作、拠り所を見出しし音楽へ
のキャリアをスタート。カージャックなどで投獄されながらもリリックを書き溜め、出所後ミックステープを
街頭で販売し地元でのファンベースを確立、ヒップホップ誌のUnsignedHypeコラムの載った事
で一躍注目を浴び22歳でレーベル契約。Mic GeronimoのデビューアルバムでJa Rule, Jay-Zと共演する等、数々の共演を経て頭角を表す。98年、満を持しリリースしたデビューアルバム
Billboard 200トップデビュー、以来5作連続のトップデビューを記録しGrammy3ノミネート
を果すなどシーンをリードする。ラッパーとしての名声を得ながら薬物、武器所持、暴行・・と
度々逮捕される一方で、聖書を持ち歩く敬虔なクリスチャンとしての一面も見せていたと
いう彼。複数の臓器の機能が低下してる中でのオーバードーズが原因で急逝。享年50歳。
ゴリゴリのギャングスタ系が衰退の一途となるシーンで、時代の寵児がまた1人・・・RIP

“ 4, 3, 2, 1 ”
LL Cool J ft. Method Man, Redman, Canibus, Master P & DMX
イーストコーストオールスターによるスーパーコラボソング。大物らに物怖じしない堂々たるパフォーマンス


“ Party up (Up in here) ”
役者としても活動を本格化した00年、Billboard Hot 100 自身最高位27位を記録し、43rd Grammy. Best Rap Solo Performanceにノミネートしたハードコアパーティーチューン。


“ Where the hood at ? ”
引退宣言をした03年のシングル。ホーンセクション高鳴り怒涛のフロウが押寄せる王道ギャングスタ。




The Definition of X: Pick Of The Litter by DMX (2007-06-11) - DMX
The Definition of X: Pick Of The Litter by DMX (2007-06-11) - DMX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント